ペット

スポンサーリンク
ペット The Secret Life of Pets

うーん、他の映画観に行って、予告編で面白そうだから観に行ったのだけど、これって、子供向けの映画だったのかな?8割が親子連れみたいな感じでした。

しかし、午前中、10時半からの回だったせいか、お子様たちも静かでお行儀よく、みてました。やっぱ、休みの日のこの時間に子供連れてくるなんて、しつけが厳しい家庭が多いのでしょうね!

今回は吹き替え版観ました。英語版だと、またちょっと感じが違うかもしれません。

主人公の犬の声が、誰だったかなぁとずっと気になっていたのですが、エンドロールで「設楽」「日村」と・・・あー、バナナマンね、声優さんかと思いましたよ!

ストーリーは下のウィキペディア読んでもらえばわかると思いますが、面白かったですよ。続編も決定らしいです!

僕はペット飼ってませんが、どうも、留守中にオイタしているのは、どこのペットも共通みたいですね。

この映画みたいに、家を抜け出して冒険してたら、チョット恐いですけど!

大人から子供まで楽しめる映画だと思います・・・が、後ろのお父さん(?)は「じゃ、終わったらおこして」って、寝る気満々でした(汗)

ペット

  • 監督
    • クリス・ルノー
    • ヤーロー・チーニー
  • 脚本
    • ブライアン・リンチ
    • シンコ・ポール
    • ケン・ドーリオ
  • 製作
    • クリス・メレダンドリ
    • ジャネット・ヘーリー
  • 出演者
    • ルイ・C・K / 設楽統〈バナナマン〉
    • エリック・ストーンストリート / 日村勇紀〈バナナマン〉
    • ケヴィン・ハート / 中尾隆聖
    • スティーヴ・クーガン / 山寺宏一
    • エリー・ケンパー / 佐藤栞里
    • ボビー・モイニハン / かぬか光明
    • レイク・ベル / 永作博美
    • ダナ・カーヴィ / 銀河万丈
    • ハンニバル・バーエス / 青山穣
    • ジェニー・スレイト
    • アルバート・ブルックス / 宮野真守
    • ノーマン(クリス・ルノー / 梶裕貴
  • 音楽
    • アレクサンドル・デスプラ
  • 編集
    • ケン・シュレッツマン
  • 製作会社
    • イルミネーション・エンターテインメント
  • 配給
    • ユニバーサル・ピクチャーズ
  • 公開
    • 2016年6月16日 (アヌシー)
    • 2016年7月8日 (アメリカ)
  • 上映時間
    • 90分(同時上映4分含む)
  • 製作国
    • アメリカ
  • 言語
    • 英語
  • 製作費
    • $75,000,000
  • 興行収入
    • $506,900,000

予告編

amazonで観る!ブルーレイ・DVDを購入

ウィキペディア(Wikipedia)

『ペット』(原題 : The Secret Life of Pets)は、2016年公開のアメリカ合衆国の3Dコンピューターアニメーション・コメディ映画。製作はイルミネーション・エンターテインメント。監督はクリス・ルノーとヤーロー・チーニー。 マンハッタンとブルックリンを舞台に、飼い主がいない間のペットの暮らしぶりを描く作品である。
アヌシー国際アニメーション映画祭にてプレミア上映が行われた後、アメリカでは2016年6月16日に上映が開始された。
小型犬のマックスは、飼い主のケイティと共にマンハッタンのアパートで暮らしていた。彼は子犬の頃にケイティに拾われ、お互い幸せな日々を送ってきたが、マックスはケイティが日中ずっと家にいないことだけを残念に思っており、ケイティの帰りを待つ間は毎日のように近所に住む他のペット達ーーポメラニアンのギジェット、デブ猫のクロエ、ダックスフントのバディ、セキセイインコのスイートピー、パグのメルとつるんでいた。
ある日、ケイティは保健所から大型犬のデュークを引き取り、家に連れて帰ってくる。デュークはマックスに横柄な態度で接するが、結局マックスに言いくるめられる。それが気に入らないデュークは、翌日ペットシッターによって近所のペット達と共にドッグランへ連れて行ってもらった際、マックスをドッグランの外に連れ出し、彼をゴミ箱に放り込んで自分だけ家に帰ろうとする。

ウィキペディア(Wikipedia)