天使のくれた時間

スポンサーリンク
天使のくれた時間

記念すべき初投稿は、僕の人生に多大た影響を与えた映画、『天使のくれた時間』です。

主演は、僕の好きな俳優、ニコラス・ケイジ、そして、『ディープインパクト』で注目していた、ティア・レオーニ。

似たような状況で悩んで・・・いたのであればまだマシなのですが、この映画に出会った当時、4人の子供(2人は嫁の連れ子)を抱えながら、家に帰らず金遣いの荒い嫁との生活をどうするかで悩んでいましたが、この映画『天使のくれた時間』を深夜映画で観た時に、「あぁ、結婚生活ってこうでなきゃいけないよな」と離婚に向けて1歩前に進む事が出来ました・・・すみません、のっけから重い話でしたm(__)m

簡単にストーリーを紹介。

主人公のジャックは、仕事のために恋人を残して留学する。その甲斐あって成功し、金銭的に何不自由ない、いわゆる『アメリカンドリーム』を手にするが、折しもその日はクリスマスイブ。仕事の達成感を感じながらも、孤独の空気が漂う・・・。エッグノックを買って帰ろうとすると、不思議な黒人青年に出会う。

次の朝、目覚めると、なぜか留学するときに別れた恋人と庶民的な家庭を築いている自分が・・・と、これ以上はネタバレになるので、気になる方は、amazonやDVDで観て下さい!

天使のくれた時間

  • 監督
    • ブレット・ラトナー
  • 脚本
    • デヴィッド・ダイアモンド
    • デヴィッド・ウェイスマン
  • 製作
    • マーク・エイブラハム
    • トニー・ルドウィグ
    • アラン・リッシュ
  • 製作総指揮
    • アーミアン・バーンスタイン
    • トーマス・A・ブリス
    • アンドリュー・Z・デイヴィス
  • 出演者
    • ニコラス・ケイジ
    • ティア・レオーニ

予告編

amazonで観る!ブルーレイ・DVDを購入

ウィキペディア(Wikipedia)

『天使のくれた時間』(てんしのくれたじかん、原題:The Family Man)は、2000年製作のアメリカ映画。『ラッシュアワー』のブレット・ラトナー監督が、『素晴らしき哉、人生!』をモチーフに「もしあの時、違う道を選んでいたら?」という人生において誰もが一度は心に抱くことをテーマに描いたファンタジー映画。
本作は2000年度のサターンファンタジー映画賞にノミネートされ、ケイト・レイノルズ役のティア・レオーニがサターン主演女優賞を受賞している。ソフトウェアはDVD、BDがリリースされている。

ウィキペディア(Wikipedia)