スイッチ・バック/追跡者

スポンサーリンク
スイッチバック 追跡者 Switch Back

チョット古めの作品、観た記憶が無かったので、みてみました。やっぱり初めてでした。この頃は、あんまり映画観てなかったもんなぁ。

さてさて、この頃の映画はしっかり作られてますね。安易な感じがしません。

最近のスリラー映画って、登場人物少なかったり、はなっから誰が犯人だかわかってしまったりと、工夫が足りないような気がしますが、この映画は違います。

最初に男の子がさらわれる所から、全く犯人が浮かんできません。

そりゃ~、観てれば、出てくる人のいずれかが犯人な訳ですから、分かるっていえばわかりそうなもんですが、そこは気を持たせて、この二人のどちらか?まさか、全然別に犯人がいるのか?と推測しながら見る事が出来ます。

このシリアルキラーの手口の鮮やかな事!全く証拠を残さず、残っていた証拠も実は・・・

そうは言いながらも、だんだん追い詰められていく犯人、しかし、最後の殺人については、何であんなところで分かり易くやっちまったのか、謎ですね。僕の集中力が切れていたからでしょうか?あそこで作人を犯す必要性が分かりませんでした。もう一度観るのはしんどいので、どなたか、ご存じでしたら教えて下さ~い!

もしかしたら、旅の目的は、最初からあの人殺すためだったとか?それ、どこかに出てきましたかね?

しかし、前半の鮮やかな手口からは、お粗末すぎると言わざるを得ないので、どうしても気になりますね。これはやはり、もう一度観るしかないか(泣)!

スイッチ・バック/追跡者

  • 監督
    • ジェブ・スチュアート
  • 製作
    • ゲイル・アン・ハード
  • 製作総指揮
    • メル・エフロ
    • キース・サンプルズ
    • スジェブ・スチュアート
  • キャスト
    • デニス・クエイド
    • ダニー・グローバー
    • ジャレッド・レト
    • テッド・レビン
    • ウィリアム・フィクトナー
  • 原題
    • Switchback
  • 製作年
    • 1997年
  • 製作国
    • アメリカ

amazonで観る!ブルーレイ・DVDを購入

映画.com

「デイ・アフター・トゥモロー」のデニス・クエイド、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャレッド・レト、「リーサル・ウェポン」シリーズのダニー・グローバー共演によるクライムサスペンス。連続殺人事件の捜査中、犯人に幼い息子を誘拐されてしまったFBI捜査官フランク。とある田舎町に犯人が姿を現したことを知った彼は、単独で捜査へと向かう。一方、ヒッチハイクの旅をしている青年リーは、怪しげな黒人男性が運転する車に拾われるが……。「ダイ・ハード」「逃亡者」の脚本家ジェブ・スチュアートの監督デビュー作。

映画.com