007慰めの報酬

スポンサーリンク
007慰めの報酬 Quantum of Solace

ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド2作品目。

じつは、ダニエル・クレイグの007を観ようと、最初に観たのがこの作品。もちろん、ダニエル・クレイグ最初の007と思って・・・。

しかし、どうも、しっくりこない。何だか続編の様だ。

そう、これはダニエル・クレイグ2作目のジェームス・ボンド。全く勘違いして順番を誤ってしまった(泣)。

しかし、こちらから観ても全然面白かった!

ボンドが置かれている状況は良くわからなかったものの、ストーリー展開はやはり秀逸!007ならではの世界観を堪能できる作品だ。

しかし、やはり、前のジェームス・ボンド、ピアーズ・ブロスナンに比べると、肉体派なのかな?アクションシーンがえらい派手で、迫力あります!

007慰めの報酬

  • 監督
    • マーク・フォースター
  • 脚本
    • ジョシュア・ゼトゥマー
    • ポール・ハギス
    • ニール・パーヴィス
    • ロバート・ウェイド
  • 原作
    • イアン・フレミング
  • 製作
    • マイケル・G・ウィルソン
    • バーバラ・ブロッコリ
  • 製作総指揮
    • カラム・マクドゥーガル
    • アンソニー・ウェイ
  • 出演者
    • ダニエル・クレイグ / 小杉十郎太 / 藤真秀
    • オルガ・キュリレンコ / 佐古真弓 / 武田華 / 白石涼子
    • マチュー・アマルリック / 家中宏 / 江原正士 / 池田秀一
    • ジュディ・デンチ / 此島愛子 / 沢田敏子 / 谷育子
    • ジャンカルロ・ジャンニーニ / 菅生隆之 / 西村知道 / 佐々木梅治
    • ジェマ・アータートン / 冠野智美 / 加藤優子 / 根谷美智子
    • ジェフリー・ライト / 辻親八 / 石田圭祐 / 竹田雅則
    • デヴィッド・ハーバー / 丸山壮史 / 高木渉 / 間宮康弘
    • イェスパー・クリステンセン / 外谷勝由 / 大塚芳忠 / 堀勝之祐
    • アナトール・トーブマン / 佐藤せつじ / 青山穣 / 川島得愛
    • ロリー・キニア / 大西健晴 / 白熊寛嗣 / 丸山壮史
    • ティム・ピゴット=スミス / 大塚周夫 / 楠見尚己
    • ホアキン・コシオ / 長克巳 / 内海賢二 / 玄田哲章
    • フェルナンド・ギーエン・クエルボ / 仲野裕 / 荒井勇樹 / 山岸治雄
    • ルクレツィア・ランテ・デラ・ローヴェレ / 品田美穂
    • グレン・フォスター / 荒井勇樹 / 赤坂柾之
    • サイモン・カシアニデス / 増元拓也
    • スタナ・カティック / 牛田裕子 / 兼田奈緒子 / 森なな子
    • ウーナ・チャップリン / 森洋子
    • ブレンダン・オーヘア / 千々和竜策 / 金子修
    • ルーファス・ライト / 倉富亮 / 杉村憲司
    • ペーニャランダム・フェリックス / 原語音声 / 龍田直樹 / 岩崎ひろし
  • 音楽
    • デヴィッド・アーノルド
  • 主題歌
    • 「アナザー・ウェイ・トゥ・ダイ」
    • アリシア・キーズ
    • ジャック・ホワイト
  • 撮影
    • ロベルト・シェイファー
  • 編集
    • マット・チェシー
    • リック・ピアソン
  • 製作会社
    • イーオン・プロダクションズ
    • ダンジャック
    • ユナイテッド・アーティスツ
    • コロンビア映画
  • 配給
    • SPE
  • 公開
    • イギリス 2008年10月31日
    • アメリカ 2008年11月7日
    • 日本 2009年1月24日
  • 上映時間
    • 106分
  • 製作国
    • イギリス
    • アメリカ
  • 言語
    • 英語
  • 製作費
    • £113,400,000
    • (約$200,000,000[1])
  • 興行収入
    • $168,368,427アメリカ
    • $80,805,643イギリス
    • $586,090,727世界
  • 前作
    • 007 カジノ・ロワイヤル
  • 次作
    • 007 スカイフォール

予告編

amazonで観る!ブルーレイ・DVDを購入

ウィキペディア(Wikipedia)

『007 慰めの報酬』(ダブルオーセブン なぐさめのほうしゅう、007 Quantum of Solace)は、007シリーズの第22作目となる映画作品。ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる作品としては第2作目である。2008年10月31日にイギリスで公開された。
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド2作品目。映画本編はシリーズ初の続編となっている。原題の「QUANTUM OF SOLACE」はイアン・フレミングの短篇集『007号の冒険』(新版は『007/薔薇と拳銃』)(創元推理文庫刊)に収録されている一篇(収録題「ナッソーの夜」)から取られているが、内容はまったくの別物である。

ウィキペディア(Wikipedia)