パッセンジャーズ

スポンサーリンク
パッセンジャーズ Passengers

う~ん、こういうラストってどうなんだろう?って、この時点でネタバレの様になっちゃいますね(汗)

物語は、ある飛行機事故の話。

アン・ハサウェイ演じる主人公のクレアは、飛行機事故から辛うじて助かった人たちにセラピーを行うが、セラピーを受ける生存者がドンドン減ってい行く。

やがて自分のまわりにも不可解な事が起こり・・・生存者の一人は自分に言い寄ってくる、なんで?

その、全てが、クライマックスで明かされる!

って、このパターンの映画、個人的にはあまり好きじゃありません。

切ないような、甘酸っぱい気持ちは残りましたが、どうも素直に感動(?)を受け入れる気にはなれません。そのラストにしては、途中のエピソードに無理があります・・・。

もっと、サスペンスチックであれば、最後のどんでん返しも受け入れられたかもしれませんが、この映画の場合、チョット、もっていき方が強引だったと思います。

途中の謎解き感がどうも中途半端だったのは、このラストのせいだったのか!と終わってからわかりますが、不可解さの盛り上げとラストへの展開が、僕の中ではかみ合いませんでした。

パッセンジャーズ

  • 監督
    • ロドリゴ・ガルシア
  • 脚本
    • ロニー・クリステンセン
  • 製作
    • ケリー・セリグ
    • マシュー・ロードス
    • ジャド・ペイン
    • ジュリー・リン
  • 製作総指揮
    • ジョー・ドレイク
    • ネイサン・カヘイン
  • 出演者
    • アン・ハサウェイ
    • パトリック・ウィルソン
    • デヴィッド・モース
    • アンドレ・ブラウアー
    • クレア・デュヴァル
    • ダイアン・ウィースト
  • 音楽
    • エドワード・シェアマー
  • 撮影
    • イゴール・ジャデュー・リロ
  • 編集
    • トム・ノーブル
  • 製作会社
    • マンデート・ピクチャーズ
  • 配給
    • アメリカ トライスター・ピクチャーズ
    • 日本 ショウゲート
  • 公開
    • アメリカ 2008年10月24日
    • 日本 2009年3月7日
  • 上映時間
    • 93分
  • 製作国
    • アメリカ
  • 言語
    • 英語
  • 製作費
    • $25,000,000
  • 興行収入
    • $5,206,829

予告編

amazonで観る!ブルーレイ・DVDを購入

ウィキペディア(Wikipedia)

『パッセンジャーズ』(英: Passengers)は、2008年のアメリカ合衆国のサスペンススリラー映画。
セラピストをしているドクター、クレア・サマーズは、ある日飛行機事故で生存した5人を受け持つことになった。
グループカウンセリングの度に、窓の外にある人物の影が…そして、メンバーが一人ずつ消えていく…。
クレアは徐々に、航空会社が過失を組織ぐるみで隠すために、生存者を口封じのため狙っているものと疑い出し、解明のため奔走する。
その中、生存者の一人エリックは、唯一自宅での個人カウンセリングを希望。
事故のショックからか、躁状態とも言える彼の突拍子もない行動に、振り回されっぱなしのクレア。しかし、自分の心の痛みにそっと寄り添ってくれている彼に、戸惑いながらも次第に惹かれていく。
そして、最後に意外な真相が明かされることに…。

ウィキペディア(Wikipedia)