グラン・トリノ

スポンサーリンク
グラン・トリノ Gran TORINO

これは確か、クリント・イーストウッドが嫌われ者の年よりの役をやるというので、結構、話題になっていたと思います。でも、この手の作品は外すと辛いので、まず、映画館で見ることはありません。

しかし、クリント・イーストウッド主演と言うだけあって、これは良く作られていますね。

ポーランド系米国人のクリント・イーストウッドと隣人の東南アジアからの移民、モン族の家族との対比も良く描かれていました。

冒頭、分かり易すぎる位、クリント・イーストウッドが厄介者の爺さんとして描かれていて、実際、本人もそんなことわかってるけど自分は自分だし今更変えられないと言った感じで、孤独が好きなわけではないけど、女房にも先立たれ、どうしようもない状況の中、孤立していく年配者の姿が余すところなく伝わってきます。

始めは毛嫌いしていた隣人のモン族の一家ですが、ある事件から親密に・・・人との交流が決して嫌いな訳ではなく、孤立化する状況になったが故に孤独になっていくのだな、と良く描かれています。

年寄ならではの頑固なところ等も、ビールの空き缶の本数や、血を吐きながらも喫煙をやめないなど、細かい所まで良く描写されています。

教会の若い神父さんも、物語にアクセントをつけています。始めはひよっこの頭でっかちの若い神父ですが、クリント・イーストウッドと交流を続けていくうちに、大人の神父へ脱皮していきます。

最後、絶対復讐にいくのだろう、という所も、ヒーロー的な結末で解決となり、さすが、クリント・イーストウッドと言った所です。

いやいや、この手の映画だからと、毛嫌いしてはいけませんね。一本取られた感じです。☆5つです!

グラン・トリノ

  • 監督
    • クリント・イーストウッド
  • 脚本
    • ニック・シェンク
  • 原案
    • デヴィッド・ジョハンソン
    • ニック・シェンク
  • 製作
    • クリント・イーストウッド
    • ビル・ガーバー
    • ロバート・ロレンツ
  • 製作総指揮
    • ジェネット・カーン
    • ティム・ムーア
    • アダム・リッチマン
  • 音楽
    • カイル・イーストウッド
    • マイケル・スティーヴンズ
  • 撮影
    • トム・スターン
  • 編集
    • ジョエル・コックス
    • ゲイリー・D・ローチ

  • 出演
    • クリント・イーストウッド
    • ビー・ヴァン
    • アーニー・ハー
    • クリストファー・カーリー
    • ブライアン・ヘイリー
    • ブライアン・ホウ
    • ジェラルディン・ヒューズ
    • ドリーマ・ウォーカー
    • コリー・ハードリクト
    • ジョン・キャロル・リンチ
    • スコット・リーヴス
  • 製作会社
    • ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
    • マルパソ・プロダクションズ
  • 配給
    • ワーナー・ブラザーズ
  • 公開
    • アメリカ 2008年12月12日
    • 日本 2009年4月25日
  • 上映時間
    • 117分
  • 製作国
    • アメリカ
  • 言語
    • 英語
    • モン語
  • 製作費
    • 33,000,000ドル
  • 興行収入
    • 269,659,918ドル

予告編

amazonで観る!ブルーレイ・DVDを購入

ウィキペディア(Wikipedia)

『グラン・トリノ』(Gran Torino)は、2008年のアメリカ映画。監督、プロデューサーおよび主演はクリント・イーストウッド。ミシガン州が舞台。2008年12月12日に北米で限定公開、2009年1月9日に拡大公開され、日本では2009年4月25日に公開された。

イーストウッドは本作を俳優業最後の仕事と位置づけ、公開時のインタビューにおいて、今後は監督業に専念して俳優業から引退すると明かし、「監督だけをやっていこうと、ここ何年も思ってきた。でもこの“グラン・トリノ”の頑固な元軍人役にはひかれたんだ」と語った。
グラン・トリノはフォードの車種、フォード・トリノのうち、 1972年から1976年に生産された名称である

ウィキペディア(Wikipedia)