ゲットスマート

スポンサーリンク
ゲットスマート Get Smart

これは面白い!

何かのパロディーも入っているのかもしれないけど、そこは気づきませんでした。

しかし、アン・ハサウェイがこんなコメディーでてっるって意外でした!そんなにアン・ハサウェイの事、知ってるわけじゃないですが・・・最初、てっきりそっくりさんかと思いました!

予備知識なく見始めたら、最初、シリアスなスパイもの?アレアレアレ・・・って感じで、なんだ、コメディーじゃん!

ちょっとここはいるのかな?しつこいんじゃないの?ってシーンもあるけど、よくここまでやるなぁ、って感じです。

その割に、主人公はふざけているようで、全く真剣!最後は、不覚にもホロッと来るような場面もあったり・・・ストーリー展開はスピーディーな感じで、例えば、あっという間に敵陣に潜入してたりしますが、そこはコメディーなのでお愛嬌!

退屈な時にお勧めの作品です???

ゲットスマート

  • 監督
    • ピーター・シーガル
  • 脚本
    • トム・J・アッスル
    • マット・エンバー
  • 製作
    • アンドリュー・ラザー
    • チャールズ・ローヴェン
    • アレックス・ガートナー
    • マイケル・ユーイング
  • 製作総指揮
    • ピーター・シーガル
    • ブレント・オーコナー
    • ジミー・ミラー
    • デイナ・ゴールドバーグ
    • ブルース・バーマン
  • 出演者
    • スティーヴ・カレル
    • アン・ハサウェイ
    • ドウェイン・ジョンソン
    • アラン・アーキン
    • テレンス・スタンプ
    • マシ・オカ
    • ネイト・トレンス
    • ケン・デイヴィシャン
    • ダリープ・シン
    • テリー・クルーズ
    • デヴィッド・ケックナー
    • ケリー・カーバッツ
    • ビル・ロマノウスキー
    • リンジー・ホリスター
    • タチアナ・カブロヴァ
    • デヴィッド・S・リー
    • パトリック・ウォーバートン
    • スティーブン・ダンハム
    • ジェフ・ピアソン
    • ジェームズ・カーン
    • ビル・マーレイ
    • ラリー・ミラー
    • ケヴィン・ニーロン
    • デヴィッド・ファブリツィオ
    • ジェーン・ギルクリスト
    • マイク・アクロウィ
    • ブレイク・クラーク
    • マシュー・グレイヴ
    • トレバー・ラビン
    • ディーン・セムラー
    • リチャード・ピアソン
  • 製作会社
    • ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
  • 配給
    • ワーナー・ブラザーズ
  • 公開
    • アメリカ 2008年6月20日
    • 日本 2008年10月11日
  • 上映時間
    • 111分
  • 製作国
    • アメリカ
  • 言語
    • 英語
  • 製作費
    • $80,000,000
  • 興行収入
    • $230,685,453
  • 次作
    • Get Smart 2 (仮)

予告編

amazonで観る!ブルーレイ・DVDを購入

ウィキペディア(Wikipedia)

『ゲット スマート』(Get Smart)は、2008年公開のアメリカ映画。製作はワーナー・ブラザーズ。スパイ・アクション要素のあるコメディ作品。
原作は1960年代にアメリカで製作され日本でも放映された同原題の人気テレビドラマ『それ行けスマート』。
かつて国際犯罪組織“カオス”と戦いを繰り広げていた米国の秘密諜報機関“コントロール”は、おおやけには冷戦の終結とともに解体されたことになっていた。しかし水面下では、“コントロール”の戦いは今も続いていた。
マックスウェル・スマートは、“コントロール”で敏腕分析官として働いていた。しかし、本人は地味なイメージの内勤ではなく、花形である現場エージェントとして活躍することを願い、テストにも合格。ところが上司にはその優れた分析能力を重要視されて、内勤を続けるよう命じられる。
そんな時、“コントロール”の本部が“カオス”の襲撃を受け、現場エージェント全員の個人情報が奪われてしまう。分析官の身分であるため情報が無事だった彼は急遽エージェント86となり、整形手術を受けたばかりで同じく”カオス”に顔が知られていないエージェント99と組んで、”カオス”を追うことになる。

ウィキペディア(Wikipedia)