セルラー

スポンサーリンク
セルラー cellular

この映画も、何か勘違いしてましたね。てっきり観たことあると思ってました。予告編観たのかな?何か携帯使った映画ってありませんでしたっけ?

最初はこの映画、大丈夫かな?失敗したかな?と思いましたが、結構面白かったです。

しょっぱな、息子を学校に送り出して、いかにも普通の日常生活を営んでいる主人公の女性が唐突にさらわれてしまい、それとは関係なく、主人公の男性がビーチで女の子と絡んでるシーンがあって、何か、脈絡ない感じでした。

この分かり易すぎる位に対比している場面は、チャラそうな若い男子が事件に巻き込まれて、割と正義感もって、若さゆえに何でもアリで突き進んでいく、というギャップをより強調する為、といった感じでしょうか?

結構、正義の為なら何でもアリ的な行動で、途中、携帯ショップで混雑のあまり、銃で脅して充電器を奪うシーンがありましたが、後で、奪ったのではなく買ったという事が判明し、クリーンな所をアピールしてました。でも、銃ぶっ放しちゃいましたから、これはやり過ぎでしょう。下手すりゃ裁判で負けるかもしれません。壊した看板(?)は弁償しなきゃでしょう。

ネタバレになるので、これ以上は書きませんが、あまり予備知識いれないで見ると、サスペンスものとして楽しめます。5段階で☆4つくらいかな?

ジェイソン・ステイサムも好きな俳優の一人ですが、この映画にも出てたんだ、と意外でした。出ている映画はチェックしてみているつもりでしたが、結構、見逃してますね。

セルラー

  • 監督
    • デイヴィッド・R・エリス
  • 脚本
    • クリス・モーガン
  • 製作
    • ディーン・デブリン
    • ローレン・ロイド
  • 製作総指揮
    • ダグラス・カーティス
    • キース・ゴールドバーグ
  • 出演者
    • キム・ベイシンガー
    • クリス・エヴァンス
    • ジェイソン・ステイサム
    • ウィリアム・H・メイシー
    • ノア・エメリッヒ
    • エリック・エテバリ
    • マット・マッコーム
    • エリック・クリスチャン・オルセン
    • リチャード・バージ
    • ジェシカ・ビール
    • リック・ホフマン
  • 音楽
    • ジョン・オットマン
  • 撮影
    • ゲイリー・カポ
  • 編集
    • エリック・A・シアーズ
  • 配給
    • 日本 日本ヘラルド映画
    • アメリカ ニュー・ライン・シネマ
  • 公開
    • アメリカ 2004年9月10日
    • 日本 2005年2月26日
  • 上映時間
    • 95分
  • 製作国
    • アメリカ
  • 言語
    • 英語
  • 製作費
    • $25,000,000
  • 興行収入
    • 全世界:$56,422,687

予告編

amazonで観る!ブルーレイ・DVDを購入

ウィキペディア(Wikipedia)

『セルラー』は2004年のアメリカ映画。誘拐された女性が、携帯電話が偶然繋がった青年に助けを求めるクライムサスペンス。
原案は『フォーン・ブース』の脚本を手掛けたスリラー映画の巨匠ラリー・コーエン。主演はL.A.コンフィデンシャルでアカデミー助演女優賞を受賞したキム・ベイシンガー。

生物教師のジェシカ・マーティンは突然、自宅に押し入ってきた男たちに誘拐される。犯人のリーダー格のイーサンはジェシカをある家の屋根裏部屋に監禁。さらにその部屋にあった電話を破壊し出て行く。ジェシカは粉々になった電話を何とか使えるまでに修復し外部に助けを求める。そこで繋がったのは見ず知らずの青年ライアンの携帯電話だった。ジェシカの切迫した声に押され、切れそうになる電波を持たせながらジェシカ一家救出の為奔走する。またライアンから捜索依頼を受けたボブ・ムーニー巡査部長も事件に巻き込まれていく。

ウィキペディア(Wikipedia)