ボーン・アルティメイタム

スポンサーリンク
ボーン・アルティメイタム Bourne Ultimatum

とうとう、真相が暴かれる!?待望の第3作だ!

第2作目に引き続き、ストーリー展開しているものと思ったら、これもまた意外や意外、そこでストーリーがくっつくのか!?

ここで脱線。

最強の殺人マシーンに仕立て上げられたボーンが、チョット記憶を取り戻したからって、慈悲深い、普通の人間になるって、少しだけ疑問・・・だって、他の人は何となく感じてはいても、命令に従って、そのまま自殺したりしてたしっ!ボーンだけ、特別だったという事でしょうか?

あ、まぁ、この辺はともかく・・・。

いよいよ悪が裁かれますよね!!

そりゃ、トレッドストーン計画を知らないCIA職員にとっては、ボーンは脅威でしかありません。計画の中核メンバーしか、自体を把握してないのですから、ボーンが総攻撃に合うのも無理はないです。

しかし、そこに、生身で敢然と立ち向かってゆくわれらがヒーロー(?)ボーン。

その活躍に期待しましょう!次回作が楽しみです(笑)

ボーン・アルティメイタム

  • 監督
    • ポール・グリーングラス
  • 脚本
    • トニー・ギルロイ
    • スコット・Z・バーンズ
    • ジョージ・ノルフィ
  • 原案
    • トニー・ギルロイ
  • 原作
    • ロバート・ラドラム『最後の暗殺者』
  • 製作
    • パトリック・クロウリー
    • フランク・マーシャル
    • ポール・L・サンドバーグ
  • 製作総指揮
    • ダグ・リーマン
    • ジェフリー・M・ワイナー
    • ヘンリー・モリソン
  • 出演者
    • マット・デイモン / 平田広明 / 三木眞一郎
    • ジュリア・スタイルズ / 沢海陽子 / 百々麻子
    • ジョアン・アレン / 小山茉美 / 山像かおり
    • デヴィッド・ストラザーン / 小川真司 / 大塚芳忠
    • スコット・グレン / 伊藤和晃 / 小林清志
    • アルバート・フィニー / 大塚周夫 / 石田太郎
    • パディ・コンシダイン / 田中完 / 横堀悦夫
    • コリン・スティントン / 岩崎ひろし
    • コーリイ・ジョンソン / 楠大典
    • トム・ギャロップ / 相沢正輝
    • エドガー・ラミレス / 伊丸岡篤 / 竹田雅則
    • ダニエル・ブリュール / 咲野俊介
  • 音楽
    • ジョン・パウエル
  • 撮影
    • オリヴァー・ウッド
  • 編集
    • クリストファー・ラウズ
  • 製作会社
    • ケネディ・マーシャル
    • ラドラム・エンターテインメント
  • 配給
    • アメリカ ユニバーサル映画
    • 日本 東宝東和
  • 公開
    • アメリカ 2007年8月3日
    • 日本 2007年11月10日
  • 上映時間
    • 115分
  • 製作国
    • アメリカ
  • 言語
    • 英語
    • フランス語
    • アラビア語
    • ロシア語
    • スペイン語
  • 製作費
    • $110,000,000
  • 興行収入
    • $442,824,138
  • 前作
    • ボーン・スプレマシー
  • 次作
    • ボーン・レガシー

予告編

amazonで観る!ブルーレイ・DVDを購入

ウィキペディア(Wikipedia)

『ボーン・アルティメイタム』(The Bourne Ultimatum)は、2007年のアメリカ映画。記憶を失った暗殺者ジェイソン・ボーン(Jason Bourne)を主人公としたサスペンス・アクション映画『ボーン』シリーズの3作目である。原作はロバート・ラドラムの『最後の暗殺者』。なお、題名のアルティメイタムとは最後通牒のこと。
北アメリカでは2007年7月25日にプレミア上映されたのち、8月3日に3660館で公開され、週末興行成績で初登場1位になった。日本では同年11月10日に日劇1ほかで公開された。
第80回アカデミー賞では、編集賞、録音賞、音響効果賞を受賞。
CIAの「トレッド・ストーン(踏み石)作戦」によって作られた人間兵器ジェイソン・ボーンは、ある任務がきっかけで正気を取り戻しCIAを離反した。これにより「トレッド・ストーン作戦」は放棄されたが、イギリスの新聞記者サイモン・ロスがこの作戦の内容を世間に暴露しようとする。ボーンはロスに接触を試みるがロスはCIAに暗殺される。ボーンがロスの死の直前に聞いたのは「トレッド・ストーン作戦」の発展版「ブラック・ブライヤー(黒薔薇)作戦」が進行中という情報だった。そしてボーンは、またしてもCIAに追われ命を狙われる。ボーンは、自分を追う者の正体と自分が誰であるかを捜し求めるうちに、全ての真相が明らかになる。

ウィキペディア(Wikipedia)