ボーン・アイデンティティー

スポンサーリンク
ボーン・アイデンティティー Bourne Identity

ボーンシリーズ最新作が10月に公開という事で、1作目からおさらいです。

何度か見ている筈なのですが、やはり、久しぶりだと大分忘れてますね。ハラハラしました。

とにかくボーンが強くて、まるでマジックの様に追っ手を撒いていくシーンは圧巻です。

ただ、自分の中で、もっとスピーディーなイメージがあったのですが、モタついている様な感じもありましたが、ボーンがめっぽう強いので、安心してみていられます。

始めてみた時は釘づけでしたが、さすがに大まかなあらすじはわかっているので、そこまで入り込めませんでした。

新作が楽しみです!

ボーン・アイデンティティー

  • 監督
    • ダグ・リーマン
  • 脚本
    • トニー・ギルロイ
    • ウィリアム・ブレイク・ヘロン
  • 原作
    • ロバート・ラドラム『暗殺者(英語版)』
  • 製作
    • ダグ・リーマン
    • パトリック・クローリー
    • リチャード・N・グラッドスタイン
  • 製作総指揮
    • ロバート・ラドラム
    • フランク・マーシャル
  • 出演者
    • マット・デイモン / 平田広明 / 三木眞一郎
    • フランカ・ポテンテ / 湯屋敦子 / 魏涼子
    • クリス・クーパー / 菅生隆之 / 堀勝之祐
    • ブライアン・コックス / 糸博 / 富田耕生
    • アドウェール・アキノエ・アグバエ / 藤本譲 / 谷口節
    • クライヴ・オーウェン / 楠大典 / 江原正士
    • ジュリア・スタイルズ / 沢海陽子 / 百々麻子
    • ガブリエル・マン / 宮本充 / 川島得愛
    • オルソ・マリア・グェリニ / 福田信昭 / 宝亀克寿
    • ティム・ダットン / 相沢正輝
    • デビッド・セルバーグ / 西村知道 / 稲葉実
    • ハリー・ギルバート / 伊藤亜矢子
    • ケイティー・サイン / 小暮英麻
    • ウォルトン・ゴギンズ / 伊藤健太郎
    • ジョシュ・ハミルトン / 後藤敦
  • 音楽
    • ジョン・パウエル
  • 撮影
    • オリヴァー・ウッド
  • 編集
    • サー・クライン
  • 製作会社
    • ケネディ/マーシャル
  • 配給
    • アメリカ ユニバーサル・ピクチャーズ
    • 日本 UIP
  • 公開
    • アメリカ 2002年6月14日
    • 日本 2003年1月25日
  • 上映時間
    • 119分
  • 製作国
    • アメリカ
  • 言語
    • 英語
  • 製作費
    • $60,000,000
  • 興行収入
    • $121,661,683 アメリカ カナダ
    • $214,034,224 世界
  • 次作
    • ボーン・スプレマシー

予告編

amazonで観る!ブルーレイ・DVDを購入

ウィキペディア(Wikipedia)

『ボーン・アイデンティティー』(The Bourne Identity)は、2002年のアメリカ映画。記憶を失った男ジェイソン・ボーンを巡るサスペンス・アクション映画。原作はロバート・ラドラムのベストセラーのスパイスリラー小説『暗殺者(英語版)』(The Bourne Identity)。『ボーン』シリーズの第一作で、続編は『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』。
北アメリカでは2002年6月6日にプレミア上映されたのち、6月14日に2638館で公開され、週末興行成績で初登場2位になり、トップ10内に5週間いた。日本では2003年1月25日に日劇3系列ほかで公開され、同日公開の『ハリー・ポッターと秘密の部屋』を抑え週末興行成績(全国9大都市集計)では初登場から2週連続で1位となった。2003年度の全米ビデオレンタルでレンタル数1位獲得。
銃で撃たれて負傷した男がマルセイユ沖で漁船に救助された。男は記憶を失っており、手がかりは皮膚の下に埋め込まれていたスイス・チューリッヒの銀行口座を示すマイクロカプセルのみ。男はスイスへ向かう。
CIAの『トレッド・ストーン(踏み石)計画』による工作員が、某国の政治家ウォンボシの暗殺に失敗し、連絡が途絶えた。ウォンボシがマスコミにCIAの暴露本を発表すると発言したことで、CIAは証拠隠滅に動きだした。

ウィキペディア(Wikipedia)