天使と悪魔

スポンサーリンク
天使と悪魔 Angels & Demons

映画では2作目だが、原作では、どうやら、本作『天使と悪魔』の続編が前作『ダビンチコード』の様だ。

『ダビンチコード』がキリスト教の秘められた真実に迫ったが、『天使と悪魔』は、創作的要素が多く、謎解きも『ダビンチコード』の方が深いと思う。

オープニングは教会ではなく科学実験施設から始まり、これから何が始まるのか、と引き付ける効果は高いと思う。

鮮やかなまでに実行される殺人計画に、ラングドン教授の謎解きも、あと一歩の所で追いつかないが、ついに、真相にせまり、犯行の一部は未遂に終わる。

とうとう真相を突き止め、これで一見落着かと思ったが、事件はそこでは終わらない。

周到に用意された筋書に踊らされていたのだ・・・果たして真相はいかに?

この映画単体だと大変魅力的な作品だが、『ダビンチコード』の続編として比較すると、前作『ダビンチコード』の魅力にはかなわないと思う。

今回、コメントがイマイチですが、いいんです、元々、自分の備忘録の様な物ですから・・・読んだ方、ごめんなさい。

天使と悪魔

  • 監督
    • ロン・ハワード
  • 脚本
    • デヴィッド・コープ
    • アキヴァ・ゴールズマン
  • 原作
    • ダン・ブラウン
    • 『天使と悪魔』
  • 製作
    • ブライアン・グレイザー
    • ジョン・コーリー
  • 製作総指揮
    • トッド・ハロウェル
    • ダン・ブラウン
  • 出演者
    • トム・ハンクス / 江原正士
    • ユアン・マクレガー / 平田広明
    • アイェレット・ゾラー / 相沢恵子
    • ステラン・スカルスガルド / 村井国夫
    • ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ / 小山力也
    • ニコライ・リー・カース / 咲野俊介
    • トゥーレ・リントハート / 鳥海勝美
    • アーミン・ミューラー=スタール / 有川博
    • コジモ・ファスコ / 金尾哲夫
    • カーメン・アルジェンツィアノ / 丸山詠二
    • カート・ローウェンズ / 佐々木敏
    • マーク・フィオリーニ / 伊井篤史
    • スティーヴ・ケーラ / 阿部祐二
    • ゼイヴィア・J・ネイサン / 伊藤和晃
    • デヴィッド・パスクエジ / 今拓哉
    • ランス・ハワード / 丸山詠二
    • エリヤ・バスキン / 佐々木敏
    • スティーヴ・フランケン / 向井修
    • ヴィクター・アルフィエリ / 村治学
    • ジョナス・フィッシュ / 根本泰彦
    • アンナ・カタリーナ / 一柳みる
    • エンドレ・ヒューレス / 石井隆夫
    • シェリル・ハワード / 東條加那子
    • ウルスラ・ブルックス / 小宮山絵理
    • ラシュミ / タルタエリ
    • エイダン・ブリストフ / 五王四郎
    • トーマス・モリス / 白石充
    • ラフィ・ディ・ブラシオ / 永田昌康
    • ヴァーナ・サルヴィアッティ / 小幡あけみ
    • ホセ・アセベド / 中嶋将平
    • トッド・シュナイダー / 竹内良太
    • エマニュエル・セッチ / 長島真祐
    • デイヴ・ジョンソン / 佐藤健輔
  • 音楽
    • ハンス・ジマー
  • 撮影
    • サルヴァトーレ・トチノ
  • 編集
    • ダニエル・P・ハンリー
    • マイク・ヒル
  • 製作会社
    • イマジン・エンターテインメント
  • 配給
    • ソニー・ピクチャーズ
  • 公開
    • 2009年5月15日
  • 上映時間
    • 138分(劇場公開版)
    • 146分(エクステンデッド版)
  • 製作国
    • アメリカ
  • 言語
    • 英語
  • 製作費
    • $150,000,000
  • 興行収入
    • $485,930,816
  • 前作
    • ダ・ヴィンチ・コード
  • 次作
    • インフェルノ

予告編

amazonで観る!ブルーレイ・DVDを購入

ウィキペディア(Wikipedia)

『天使と悪魔』(Angels & Demons)は、2009年公開のアメリカ映画。5月15日のアメリカ公開を筆頭に世界各地で同時期に一斉公開された。原作はダン・ブラウンの同名小説『天使と悪魔』。同作者による小説『ダ・ヴィンチ・コード』を映画化した2006年のヒット映画『ダ・ヴィンチ・コード』の続編となり、主人公も同一である。原作においては『天使と悪魔』がシリーズ第1弾であり、続編が『ダ・ヴィンチ・コード』であるが、映画では時系列を入れ替えている。また、『ダ・ヴィンチ・コード』が原作にほぼ忠実だったのに対し、本作はかなり脚色が加えられている。
監督は前作に引き続きロン・ハワード、その他の主なスタッフも続投している。ただし脚本には新たにデヴィッド・コープを迎え入れ、原作者ダン・ブラウンは今回は製作総指揮のみで脚本には参加していない。主人公のロバート・ラングドン役も前作に引き続きトム・ハンクスが演じる。ヒロインのヴィットリア・ヴェトラ役は、ナオミ・ワッツが筆頭候補だったが、最終的にはイスラエル人女優のアイェレット・ゾラーが抜擢される形となった。
映画のパンフレットやジャケット等で使われている右面が天使、左面が悪魔になっている像(天使と悪魔像)は彫刻家マーティンス・ミートンが本作のために制作した架空の像でありバチカン周辺に実在していない。そのため映画を鑑賞した多くの人から誤解をよんだ。

ウィキペディア(Wikipedia)